育てているブルーベリーの品種毎の詳細記録

  • Sevenが実際に育ててみての観察データ、および、印象をまとめています。

  • 東海地方の、夏は30℃を超す蒸し暑い気候、冬は0℃を割ることが少ない温暖な気候、で育てた時の特性です。

  • それぞれの評価等はあくまで現時点での印象で、絶対的なものではありません。Sevenの価値観の変遷、および、栽培経験の蓄積により評価は随時変えて行こうと考えています。

おススメ資材


40cm丸ポット チップ栽培セット(V01)

40cm径ポットの栽培セットです。
針葉樹の樹皮・小枝チップをブレンドした用土とマルチ用チップがセットになっています。
2〜3年生苗の植え替え用にお薦めです。
苗木の生育良好です。
資材販売コーナーへ
無断での転載・複写等は禁止です。誤りのご指摘、ご意見、ご感想をお待ちしています。頂いた情報などはページ内で使わせて頂くことがあります。もし、掲載をお望みで無い場合はその旨お書き添えください。



リンク用バナーとしてご利用下さい。
(両方ともちくらさんからのプレゼントです。感謝です。)

Rabbiteye / Suwannee

【Suwannee : Seven's 観察データ】
開花期
収穫期
1果重(g)
果実長径(mm)
20004/21 〜 5/21**/** 〜 **/***.* 〜 *.***.* 〜 **.*
20014/16 〜 5/167/11 〜 10/111.0 〜 1.1 12.9 〜 13.2
20034/30 〜 **/**7/22 〜 **/***.* 〜 *.***.* 〜 **.*

【Suwannee : 一般情報】
  • Rabbiteye Blueberry
  • 中生種 / -
  • USDA登録品種。
  • 1930年。フロリダの野生ブルーベリーからの選抜種。
【Suwannee : Seven's Description】
  • 1999年12月に入手。
  • 葉は「鈍鋸歯」
  • 購入時のラベルの説明では8月上旬から8月中旬収穫の中生種のようです。
  • スワニーは、1930年に確立された、フロリダの野生ブルーベリーからの選抜種ということで、野性種そのもの、または、それにかなり近いものと思え、今後どんな花・実を着けるのか楽しみです。
  • 成長は良好です。
  • 緑枝挿しによる増殖も容易です。
  • 実は小粒で、殆ど黒に近い暗青色をしています。ブルームをこすり落とすとほとんど黒色。
  • 雨により裂果し易い。
  • 他の改良品種の実が優等生とすると、スワニーの実は粗野な感じを受けます。
  • 一般家庭で収穫目的に栽培するにはあまりお薦めしません。

株の状態です。鉢は7号鉢で、まだまだ小さい苗です。

(04/11/00撮影)


蕾。小さな蕾が一列にぶら下がってます。

(04/11/00撮影)


花。特徴は良く判りません。

(04/23/00撮影)


紅葉です。
やや紫を帯びた赤で、綺麗に紅葉しています。
写真の株は、上の写真と同じです。1シーズンで80cmほどの株に成長しました。

(12/04/00撮影)


花芽。
濃い赤色で、丸みが強く、コロコロとしたイメージの花芽です。

(01/21/01撮影)


冬の枝は、極薄く赤みを帯びた黄白色です。
ティフブルーの枝に似たイメージです。

(01/21/01撮影)


幼果
実が鈴成りについています。

(05/26/01撮影)



鈴なりに着くのですが、小粒で摘み取りがたいへんです。
生食の味も印象に薄い。
加工向けには大粒品種で効率良く摘み取りをした方が楽なので、加工/生食どっちつかずの中途半端な印象の品種です。
Suwannee の面白いところは実の成り方が改良品種とは違うこと。野生種からの選抜ということを思い起こさせます。

(08/18/01撮影)


4年生の株
樹形は半開帳性で、あまり大きくない。
メキメキと伸びる Tifblue などと比較すると、樹勢は弱めで小ぶりな株で良く茂る。

(09/21/02撮影)