家庭でのブルーベリーの育て方


一般家庭での数本の地植え栽培、また、鉢植え栽培についてまとめています。

おススメ資材


7.5cm径 スリット穴ポット

挿し木用ポットにお薦めです。
発根後もある程度の大きさまで育てられます。
ブルーベリー以外も、野菜の苗作りに便利です。
資材販売コーナーへ
無断での転載・複写等は禁止です。誤りのご指摘、ご意見、ご感想をお待ちしています。頂いた情報などはページ内で使わせて頂くことがあります。もし、掲載をお望みで無い場合はその旨お書き添えください。



リンク用バナーとしてご利用下さい。
(両方ともちくらさんからのプレゼントです。感謝です。)

ブルーベリーの成長

自家製ブルーベリー・ジャムへの道
ブルーベリーの苗を植え付けてから、ジャムなどに加工できるような収穫を得るまでには、4〜5年程度かかります。
ブルーベリーの実は一度に熟さず、ポツポツと実が熟していきますので、一度の収穫で量が得られるようになるには樹がそれなりに大きくなっている必要があります。
ただし、他の果樹と違って、少量の収穫は植付け翌年からでも可能ですから、育てている間も毎年収穫は楽しむことができます。
尺度が「食」に傾いてますが、成長のおよその目安は以下のとおりです。

1年目: 2〜3粒を口に含んでニッコリ。
2年目: 数十粒の実を、どうして食べてやろうかと頭を捻り。
3年目: 数百粒の実を、ブルーベリー・ソースにしてニンマリ。
4年目: 自家製ブルーベリー・ジャムを冷蔵庫に貯蔵して満足。としたいもんです。

1年目の成長
右の写真は、1998年12月にその年の挿し木苗を買ってきて7号鉢に植え付けた直後の写真です。苗はだいたい15cmの高さでひょろひょろです。
花芽が付いていれば、翌春(= 1年目)には2〜3粒の収穫が楽しめます。

2年目の成長
鉢に植え付けてから約1年が経過した時点(1999年11月)に上と同じ株を撮影したものです。鉢は7号鉢のままで、樹の高さはおよそ60cmまでに成長しています。
ひょろひょろ苗でも1年育てると立派に生長しますので、挿し木苗を入手する時に、あまり苗の生長良否を気にされることはないと思います。
春(= 2年目)には、数十粒の収穫が望めます。

3年目の成長
本来は同じ株での成長記録をお見せできれば良いのですが、写真が無いので、露地植え株に変更です。
右の写真は、1996年春に植え付けた苗が2年を経過した姿(1998年5月撮影)です。品種は上と同じホームベルです。
挿し木時を起点にすると、丸3年を経過しての春(= 3年目)ということになります。樹の高さは120cmほどに成長し、収穫の全期間トータルで数百粒の実が収穫できます。

4年目の成長
上の株の1年後(1999年5月撮影)です。枝の込み具合が減っているのは、冬に剪定して、込み合った枝を取り除いているためです。
樹の高さは、150cmほどとなっています。
この頃になると株は安定し、太いシュートをどんどん伸ばして、さらに旺盛な成長を見せるようになります。ここまで来ると、収穫した実をどうやって料理してやろうかと考える方に思考回路が移行してきます。