ブルーベリー日記


2007年10月以降の記録はブログでどうぞ。ブログの「ブルーベリー」のカテゴリで見てください。

おススメ資材


防鳥網・ネット類

網目20mm〜45mm目合いまで、糸の太さ400〜1000デニールまで、各種サイズを取り揃えています。
ブルーベリーには、30mm目合い以下の網目サイズがお薦めです。
資材販売コーナーへ
無断での転載・複写等は禁止です。誤りのご指摘、ご意見、ご感想をお待ちしています。頂いた情報などはページ内で使わせて頂くことがあります。もし、掲載をお望みで無い場合はその旨お書き添えください。



リンク用バナーとしてご利用下さい。
(両方ともちくらさんからのプレゼントです。感謝です。)

2004年4月版 〜 ブルーベリー日記

04/08/04
サンルーム内での面白実験の状況です。

サンルーム内で開花させた Homebell。
実が少しだけ膨らみかけています。

Homebell を台木にしての接木。
穂木は、Flordablue です。

まずは、サンルーム内で早く開花させたホームベルはうまく実るか??? という面白半分実験。
2月末に開花開始していたのですが、夜間加温していないサンルーム内では花季が長く、まだまだ写真のような状態です。
2月26日の日記で紹介した Flordable もほぼ同じような感じなので、今後どうなるか、観察を続けたいと思っています。

次は、昨年 11月30日にセットした接木のその後です。
(セット時の写真は 12月2日の日記にあるので、見てみてくださいね。)
11月30日という季節外れの接木にも関わらず、Flordable を接いだものから無事に芽が展開してきました。
ヤッター !! です。
同じく接木した、Rubel と Spartan は、穂木は生きているものの、芽の展開はまだ見られない状況です。
ただ、穂木の状態から、成功の手ごたえはあるので、こちらも大丈夫そうと思っています。
初めての接木で、かつ、時期ハズレで、失敗ゼロということだと、接木って案外良いかもしれないな、なんて気を良くしてます。

あと、ついでに、昨年12月2日の日記で紹介している水挿しですが、こちらは NG です。
一旦葉を落とした後、春になって普通の挿し木のように葉芽を展開してきていますが、穂木の切り口にはカルス形成も無く、発根はダメなのではないかと思えます。
穂木の切り口から、ストレスなく給水できている状態だと、カルス形成はダメなのかもしれません。


04/05/04
Top Hat 満開です。

玄関先に置いている Top Hat 。
30cmポットに植えています。

毎年見ていても、ブルーベリーの花は見飽きません。
毎年、毎年、綺麗だな〜、って思ってしまいます。
この手の花が好きなんですね・・・。

そうそう、そう言えば、、、
Top Hat は、隔年結果の性質が強いと言うか、前年に花を付けなかった株に花が多いですね。
去年、花が沢山咲いた株は、今年は葉芽ばかり。
綺麗な新芽を沢山付けています。これはこれで綺麗ですが・・・。


04/03/04
今年は暖かい日と寒い日が交錯していて、例年よりも開花が遅れているように思います。
我が家では、玄関前の南面に置いているTop Hat が開花しているのみで、他の品種はまだ開花まで至っていません。

畑に置いているSunshine Blue の花芽。
寒さに遭っているせいか、赤が濃いです。

畑の地植え Gulfcoast 。
暖かさで開花したものの、その後の寒さでいびつになってしまった一番花。

・・・・なんて、書き出して。
例年はどうだったかと、HPに公開している「観察データシート」を見てみたら、極例年どおりでした・・・。
Top Hat の開花も、昨年データでは 4月2日。一昨年データで 3月29日。
今年は、3月31日の開花だったんで、バッチリ例年どおり。

開花を見るのを焦るばかり、遅い・・遅い・・・、と思い込んでしまっていたようです。
お恥ずかしい限り。

データを残して置くというのは、とても大切なことですね。

あと、畑の地植え株への肥料やりは、4月1日に済ませました。
3月中頃にやろうと思っていたのが、遅れに遅れて、4月の声を聞き、やや焦ってやりました。
肥料をやりながら、土の状態を見ていると、昨年よりはまた良くなっていて、またまた今後に期待です。
土の色が濃くなってきていて、柔らかさも出てきました。
あと数年、大量の有機質投与を続ければ、良い畑になっていくように思います。

老人発言ですが、土作りは、本当に面白いですね。。
(↑ 失礼!!)